本格的な秋を前に夏の疲れをフィトセラピーでリセットしましょう

ようやく風が秋色に変わり 朝晩は過ごしやすくなってきましたね

今年の夏は暑かったですね

夏好きの私でも 後半は体のだるさや 足のむくみ

不眠などに悩ませれました

 

秋になればもう大丈夫!

と思っていても体に残った疲れをリセットして

なにかとイベントも多い秋のためにも今のうちに準備しておきましょう

 

疲れを癒し、免疫力を高めるハーブティーブレンドをご紹介します

 

 

ブレンド①

オートムギ・ジャーマンカモミール・ネトル

(1:1:2の割合で混ぜたら 一人分は大さじ1杯にします 一人分のお湯は150ccが目安です)

 

クタクタになっている体を ジャーマンカモミールで緊張を解き放ちます

オートムギやネトルはビタミンミネラルが豊富で足りない栄養分を補給し

心身にエネルギーを与えてくれます

またネトルには血液浄化作用や利尿作用があり

疲れの原因の体内の老廃物の排出を促してくれます

 

 

ブレンド②

エキナセア、ローズヒップ、ハイビスカス、ヒース

(ハイビスカスは他のハーブの1/2程度にし ほかは同じ割合で一人分は大さじ1杯にします

一人分のお湯は150ccが目安です)

 

エキナセアは北米の先住民が最も大切にしたハーブといわれ

かぜのひき初めにもよく飲まれます

免疫力を高める働きがあるので季節の変わり目などにもオススメです

ローズヒップは疲労、日焼け、肌荒れに最適なハーブの一つ

ビタミンA・B・C・Eが豊富で ローヒップの実には

レモン20杯分といわれるほどのビタミンCが含まれると言われます

ビタミンCは皮膚の弾力を保つために必要なコラーゲン生成において重要な働きを持っています

ハイビスカスは新陳代謝を促進するクエン酸を多く含み

疲労回復やデトックスに役立ちます

ヒースはメラニン色素の合成を抑制する働きがあるので

夏の紫外線をたっぷり浴びたお肌のシミケアに効果があります

 

※これらのブレンドを 1日2~3杯2週間程度

飲み続けていると身体の変化がゆっくりと現れてきます

 

 

涼しくなり温かいハーブティーも飲みやすくなってきました

1日の終わりに飲めば ポカポカと幸せな気分になり

心身をほっこりとリラックスできること間違いなしです

 

夏の疲れから解放されたすっきりとした心身で

アクティブな秋を満喫してください

 

 

 

1+