自己肯定を高めるには

最近台風の影響で雨の予想が多かったのですが

嬉しいハズレで、奈良は快晴続きです

乾いた秋の風が日毎にちょっとずつ涼しくなってきたように思います

そんな涼しい風に触れていると ふと感傷的になる事がありませんか

 

 

 

自己肯定感、高い方ですか?

「いつも朗らかで悩みなんかなさそう」 とか

「好きなことを仕事にしていていいな」 なんてよく言われます

悩み

たくさんあるんですよ、私だって笑

 

ハーブや精油で自分を整えることが習慣になってからは あまりくよくよと悩むことがなくなったのですが

若い頃は自己肯定感が低かったように思います

 

素の自分が好きではないというか

もっとちゃんとしなきゃと常に考えていました

 

 

今思い出すと恥ずかしいエピソードがあります

 

若い時(ちょっと通訳を目指していた頃がありまして)

国際会議で活躍されている同時通訳の先生の事務所でアルバイトしていたことがありました

その当時の私にとって先生は雲の上の人

スーツにハイヒール姿でかっこいい先生は憧れの存在でもありました

先生には日頃から可愛がっていただき よくランチをご一緒させていただいたり

仕事現場に同行させていただいたりしていました

その先生にある日「先生はご自分が好きですか」と質問したのを覚えています

今思えば若気の至りというか とっても恥ずかしいのですが

当時の私はそれだけ切羽詰まっていたのだと思います

 

 

 

 

 

自尊心と自己肯定感

自己肯定感というのは イコール自尊心があるということだそうです

自尊心というのは 素の自分を丸ごと受け入れて それが良いと思える事

他の誰かになろうとしない事だそうです

生まれ持った性格や環境もありますが

その自尊心は年齢で変化するという研究結果がアメリカで発表されているんだそうです

 

それによると

自我の芽生えから高まっていく自尊心は 30代で一時期低迷はするものの

そのピークを迎えるのはなんと 60代 なんだそう!

(その後70代後半からは健康などを理由に徐々に下降するそうです)

 

理由としては 年齢を重なることで誠実性が高まる、神経質にならない(丸くなる)

人生経験を積みちょっとのことでは動揺しなくなるなどが挙げられています

 

 

「そういえば最近 以前ほど細かいことを気にしなくなったわ」

というアラフィフの方も多いのではないでしょうか

 

自己肯定感 ピークは60代!

なんだか楽しみですよね

 

 

 

自己肯定感を上げてくれる精油

とは言っても、 ちょっとしたきっかけで気持ちが落ち込むことや

考えすぎて自己肯定感だだ下がり

なんてことだってありますよね

そんな時こそ 植物の力を借りてみませんか

 

柑橘系の香り オレンジ・グレープフルーツ・ゆず・ベルガモットは 気持ちを明るくしてくれます

ゼラニウムは心のバランスを取り戻し、 ローズは落ち込みがちの気持ちを明るく前向きにアップさせてくれます

 

自分の力だけではどうにもできない心の葛藤

脳の中枢 それも感情にダイレクトに働きかける嗅覚 香りの力を使い

良い香りに包まれリラックスしながら無意識に 心を整えるアロマテラピーはとても有効な手段の一つでは

ないでしょうか

 

もちろん大切なのは 自分が心地よいと思える 好きな香りを選ぶことです

 

芳香浴としてでも バスタイムに使ったり オイルに混ぜてトリートメントもオススメです

 

 

頑張りすぎた時 ちょっと心が落ち込んだ時 優しいアロマに包まれたゆったりした時間を過ごしてみてください

 

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました

 

 

いいねボタン出来ました

よければハートのボタンをポチッとしてくださいね

 

 

4+