植物療法士は仕事になる?

梅雨の晴れ間の休日

今日は久しぶりの予定が何も入っていない日

思いっきり寝坊しよう笑 なんて密かに楽しみにしていたのに

早朝の愛猫達の起きてコールに平日より早めの起床

猫ちゃん達には平日も休日もないことを忘れていました笑

(でも可愛いからいいかな!笑)

 

 

お腹いっぱいで二度寝中 zzz…

 

 

 

植物療法士になる前は何をしていたの?

「先生はこのお仕事をする前は何をされていたんですか?」

などの質問を時々受けます

 

エクラのフィトセラピスト(植物療法士)認定講座を受講される方の目的はそれぞれですが

もちろんその中には将来サロンやスクールを持って植物療法を教えていきたいという方も

多くいらっしゃいます

ブログを読んだりプロフィールを見て、私が以前は専業主婦だったり子育てをしながら

パートでお仕事をしていたりっていうことをほとんどの方はご存知です

だからこういう質問が出てくるのは自然なことですね

 

 

ご存知ない方にざっと説明しますと…

 

結婚後長男の出産までは英会話講師の仕事を週に何日かしながら主婦業を楽しんでいました

意外と不器用な方なのでフルタイムの仕事は無理なのと

結婚したら家庭を守ることが最優先と考えていたのでそんな形をとっていました

 

その後次男が誕生

少し手が離れたらまた英会話講師をしたりという生活が続きました

 

でも

平々凡々と呑気に暮らしていた私に神様は試練を与えられるのです

 

フルタイムで仕事をせざるを得ない状況が訪れ

平日は早朝から朝食・夕食・お弁当作り→出勤→帰宅後子供達のお世話→疲れ切って寝る

週末は少年野球をしている長男の試合に早朝から遠方まで付き添い

そのうち 次男がサッカーチームに所属して平日の練習の送迎が始まりました

(ママ友達にとってもとっても助けて頂きました)

 

しかし、体が正直に反応し始めました…

 

その頃ストレスからかPMS(生理前症候群)のあらゆる症状が悪化し

心身ともに限界になり崩壊寸前の状態でした

 

実家が遠くて頼れる人が居なく子供達には本当に大変な思いをさせたことが

今でも思い出すと胸が痛くなります(あ〜ごめんなさい)

 

そう、その頃離婚も経験しました

 

 

そんな中ハンドマッサージの1日講座に参加したことから

植物療法との電撃的な出会いがあり(本当に帰り道に電気が走ったというくらい衝撃がありました)

ハーブティーや精油を使ったセルフケアを通じて自分の心身の(体だけでなく心までも!)

劇的な回復を経験したことがこの道を深めていくきっかけとなりました

 

そう ずっと主婦時々仕事という生活を長くしていました

 

 

 

植物療法士は仕事になる?

植物療法を学びその後仕事として成り立たせることができるか?

そんな疑問や不安があるのではと思います

答えはYESです

でも フリーのお仕事なので一番は本人の気持ち(やる気や情熱)なのではないでしょうか

植物療法を含む自然療法は 医学だけでは解決できない病気(心の病気を含む)の代替療法として

近年注目を集めている分野です

医療だけでなく・美容・介護・リラクゼーションの分野

生かし方も個人向けの講座を開催するだけでなく企業をターゲットにしたり

物販・カフェやレストランの運営などなど 可能性は無限です

 

今ご自分が持っている職業や資格の幅を広げることに役立てるのも良いですね

 

 

 

 

 

 

キャリアスタートは早いほど良い?

若い頃から植物療法を勉強していたわけではないので 長いキャリアがあるわけではありません

時々「もっと早く出会っていたらよかったな」とか

「もっと早くから始められていたらどうだったんだろう」なんて考えることがあります

ただ、私の場合自分の心身の劇的な変化を体験できたことが強みになっています

何をするにも心身が健やかなことが大事です

そして心と体は繋がっている

心身がニュートラルな状態でなければ 何をしても空回りになってしまいます

 

子育て・離婚 体調不良 いろんなことを経験してきた今だからお伝えできることがたくさんあります

 

 

今は人生100年時代

 

 

子育てや介護、その他にひと段落ついたから始める

それでも全然遅くないと思います

かえってその方が大切に時間を使える気もします

 

もちろん早くから植物療法という術を知っていることは人生をよりよく生きる武器になります

 

 

まずは、植物達の素晴らしい力を実感してみてください

きっといろんな発見があると思います

 

 

現在1〜2名の少人数開催中

 

 

まずはお気軽にお問い合わせください

 

 

植物療法について

 

お問合せ・お申込はこちらから

1+