効果的なハーブティーの飲み方は?

植物のチカラで女性を笑顔にしたい

フィトセラピースクール  エクラです

ハーブティーは心身ともに作用する

前回は「どうしてハーブティーは体に良いの」というお話をしました。

今回は効果的なハーブティーの飲み方について。

 

その前に…

ハーブティーは体だけでなく心にも作用するということを少し。

 

はい、ハーブティーは心身ともに効果をもたらしてくれるんです。

私も毎日頂くハーブティーにはどれだけ助けられてきたかわからないくらいです。

 

生まれつき体は丈夫な私ですが、見た目と違って一度悩み出すと大変!

いじいじと考えすぎて精神的に追い込まれて… ひどい時は頭痛や発熱まで起こすくらいで

一旦ハマると なかなか抜け出る事ができないんです。

植物が持つ成分は自律神経やホルモンに働きかけ ストレスを軽減してくれるのです。

気分を明るく前向きに 仕事のムードにならない時もやる気スイッチを入れてくれます。

 

私にとってのハーブティーは 朝は1日のスタートを切るため心身をコントロールし

昼は気分転換とリフレッシュに、 夜は1日の疲れと興奮している頭のリセットをしてくれる

欠かせないアイテムです。

 

 

効果的にハーブティーを頂くには?

ハーブティーは薬のような即効性はありません。

人によっては一杯のハーブティーで気になる症状が緩和されることもありますが、

基本的には長期的に飲み 成分をゆっくり吸収しながら症状を改善させていきます。

そんなに良いのならば一度にたくさん飲んだらなお良いのかと思いますが、

ハーブティーの有効成分は3〜5時間くらいで体の外に排出されてしまうので

朝・昼・夜と、1日3杯くらいがベストです。

一度に1杯ずつ 時間をあけて飲むことで 1日中体の中に有効成分をとどめておく事ができるのです。

 

軟水がおすすめ

ハーブティーを淹れるには軟水の方がおすすめです。

硬水を使用すると抽出される色や香り、成分に変化が起きてしまいます。

そしてアイスより ホットでいただくことをおすすめします。

 

 

 

ハーブティー を淹れる時間を楽しむ

ハーブがお湯の中でゆっくりと開いていく様子や 色・香りを楽しみながら

ぜひ、ハーブティー タイムを楽しんでいただきたいのです。

できればポットやカップもガラスのものを。

そのほうが断然楽しめます。

 

「美味しいなぁ」「心地よいなぁ」と感じることで ハーブティーの効果は何倍にも発揮されます。

そして 1日にそういう時間を持つ事が 心と体の栄養となって私たちの自然治癒力も高まっていくのだと思います。

 

 

 

ハーブティー 養生という考え方

ハーブティーは薬と違うと言いましたが 即効性の有無だけではなく

副作用がなく体への負担が少ないので 安心して飲んでいただけます。

そして植物の持つ多成分という特徴から 不調に対して様々な効果を発揮しながら 全体のバランスをとりながら

症状の回復へと持って行ってくれます。

こういったことからも 長期的にケアをするのにハーブティーは大変有効だと思います。

 

 

まずは好きなハーブティーから

効果ばかり気になって 美味しくないと思うハーブティー を無理矢理に飲んでは効果は期待できません。

まずは好みのハーブティーから飲み始めましょう。

ハーブは多成分で 一つのハーブには何百何千という成分が含まれているので

どのハーブでも効果はあるのです。

そのうちに色々なハーブをブレンド出来るようになれば もっと好きなハーブも見つけられるようになるでしょう。

 

気軽に楽しみながら ハーブティー養生をしてみませんか。

 

 

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございます。

 

 

いいねボタン出来ました

よければハートのボタンをポチッとしてくださいね

3+