フィトンチッド(樹木成分)の不思議なパワー

先日植物園に行く機会があり お天気も良かったので講演の後しばらく園内を散歩してきました

秋の乾いた空気と心地よい風に吹かれ 1時間弱の時間があっという間で

気づけばすっかり癒されてなんだか気力が増したようでした

 

 

フィトンチッドって知ってますか

園内には様々な草木が植えられていて 特に私がリラックスしたのが針葉樹林の森でした

思わず深呼吸してしまう空気感

小さい頃近くの神社の森で遊んだ時の香りの記憶が蘇りとても懐かしかった

 

そういえば…

雨上がりの吉野の山の中で むせるほどの森林の香りの中に立った時も 全身の細胞の中に

新鮮な空気がどんどん入っていく気がして 元気になりとってもリラックスしたなぁ

と思い出していました

 

この癒しの元となるのが フィトンチッド です

 

フィトンチッドは、動き回ることのできない植物が、害虫などの外敵から攻撃を受けて傷ついた時に

病原菌に感染しないように傷口を殺菌したり、害虫を寄せ付けない為に作り出す成分のことです

そしてこれを発散することによって、植物は自らの身を守っています

 

このフィトンチッドに満ちている森林の中にいるだけで 私たち人間にも様々な良い作用があることが

立証されているんです

 

 

フィトセラピースクールエクラ

 

 

森林浴でフィトンチッドを満喫しましょう

フィトンチッドの主成分はテンペル類と呼ばれるもので 働きとしては 副交感神経の活発化、

精神安定、血圧の低下、鎮静作用、アルファ波が増加するなどです

 

森の中で空気を吸い込むだけでも、それらが自然と作用されるのです

木の香り成分の中で睡眠をとると疲労回復が早く、疲労に対する自覚症状も少ないとの実験結果報告もされています

 

森の中でお昼寝

 

想像するだけで癒される気がしますね

 

一番効果的なのはやっぱり実際の森に出かけて行き 思いっきり森林浴を楽しむことですが

(フィトンチッドを吸収するだけでなく 鳥のさえずり、川のせせらぎ、木漏れ日の光、

木々の緑色などを体感できるのでさらに相乗効果が得られるから)

 

それが叶わない時は 手軽に樹木系の精油を使うことでも森林浴と同じ効果が得られます

 

 

 

森林浴効果が期待できるおすすめ精油

おすすめの香りはウッド系の「ジュニパーベリー」「サイプレス」「フランキンセンス」

こちらの精油には フィトンチッドの主成分のテルペン類のα-ピネンという成分が含まれています

もちろん芳香浴などでお部屋に香りを漂わすのもよし

私個人的に好きなのはバスタイムにバスソルトやバスミルクなどで楽しむ方法です

「いやいや バスソルトなんて作る時間ないし」

という方は ちょっと乱暴ですがお風呂の洗い場に二、三滴精油を垂らし香りを楽しむ事もできます

(ただし直接お肌にふれないよう 足を滑らせたりしないようにお気をつけくださいね

また小さいお子様と一緒にご入浴される場合は使用しないでください)

 

 

手軽に精油を活用してリラックス・リルレッシュしませんか

 

もちろん気候が良いこれからの季節 実際にお出かけして自然を身体いっぱい満喫しましょう

 

 

 

 

精油の活用法を1日で学べて 1日で資格が取れる

アロマリエ認定講座募集中!!

精油を日常に取り入れる簡単な方法を実習を交えて楽しく学びます

忙しい方にもおすすめの1day講座です

 

詳しくはこちらから

 

 

 

2+