フィトセラピストさんインタビュー② 宮地郁子さん

植物のチカラで女性を笑顔にしたい

フィトセラピースクール  エクラです

 

エクラで学びフィトセラピスト(植物療法士)になられた方をご紹介しています。

今回は宮地郁子さんにインタビューをさせていただきました。

 

柔和で笑顔を絶やさない宮地さん。

その優しい雰囲気からかなぜか宮地さんにはなんでも話せてしまうんです。

年下の私にも同じ目線でお話をしてくださり一緒にいて心地よい。

年下の友人が多く慕われているのも納得です。

 

フィトセラピーを学ぼうとしたきっかけをお教えてください

3月に退職して半年が過ぎた頃、やっと「何か新しいことやろうかな」という気持ちに

なりました。

今までの仕事は高校の養護教諭です。

 

いろいろネットで検索してみましたが、やはり目がいくのは、健康に関することでした。

ふと気になったのが、結城先生の 浜松労政会館の「働く女性のフィトセラピー 講座〜植物療法〜」

でした。

植物の有効成分を使い、自然治癒力を上げて心身を整える方法、疲れにくく・病気になりにくい

健康な身体で 生き生きと働く女性という案内も その時の私の気持ちにぴったりきました。

でも、対象者が勤労者となていたので退職者は対象ではないと思ったのですが、

HPで体験講座があるのを見つけすぐ申し込みました。

自宅から近い場所でもあり、体験後すぐに始めてみようと思いました。

 

今までだったら、対象者ではないと知ったその時に終わりだったのですが、

今回は何か自分でも不思議と前に進めました。

 

 

 

 

ご自身の変化や生活への取り入れ方を教えてください

毎朝、自分の体調に目がいくようになりました。

それは朝一杯のハーブティーのおかげです。

「今日のハーブティーは何にしようかな」から始まる自問自答。

朝の一連の家事が終わってからのほっと一息の時間を取るようになりました。

このほっと一息の時間が朝昼晩と取れた日は何か幸せな気分になります。

 

また、家族の体調不良にハーブやアロマで軽減できないかと試してみるようになりました。

まだまだ分からないことが多いので、少しづつですが…

 

毎日同じように1日が始まって終わる。

なのに毎日、体や心が欲しているハーブやアロマが違うことに気づき 自分は日々変化していると思えます。

 

家族友人等にハーブティーの輪を広げています。 みんなに「今日なにする?」と

聞くと結構チャレンジしてくれます。

 

 

 

 

 

フィトセラピーをご存知ない方へお伝えしたいことを教えてください

ハーブやアロマって私たちの生活に潤いを与えてくれるように感じます。

また、人間は五感を使ってると実感できます。

 

 

宮地郁子さん、ありがとうございました。

 

 

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございます。

 

 

いいねボタン出来ました

よければハートのボタンをポチッとしてくださいね

4+