ハーブコーディアルで美味しい温活

今年の冬は暖かい日が多いように感じますが それでもやはり朝晩は厳しい冷え込みですね

更年期真っ盛りの私は一人で暑がっていますが まわりの方達は手足も冷たいし冬大嫌い〜なんて

冷え対策に色々と工夫をされているようです

 

今日はそんな方にハーブコーディアルを使った温活のおすすめ!そんなお話です

 

 

 

ハーブコーディアルとは

ハーブコーディアルはイギリス生まれの飲み物

以前はハーブをアルコールに漬けて作ったものをハーブコーディアルとしていたそうですが

現在はハーブの砂糖漬け「ハーブシロップ」としてのコーディアルが主流です

イギリスでは昔から各家庭でレシピがあり 代々飲み継がれていて

ハーブの効能を利用した民間療法としても使われていました

 

このシロップを水やお湯、ソーダなどで割って飲みますが ヨーグルトやデザート

パンケーキなどにかけても美味しく頂けます!

 

 

 

 

 

 

ハーブコーディアルの作り方

材料 約200ml分

  • 水 400ml
  • ドライハーブ 約50g(フレッシュハーブは約100g)
  • てんさい糖(はちみつ、グラニュー糖などでもOK)200g
  • レモン果汁2個分(クエン酸大さじ2と代用可)
  • 密閉できる保存用の瓶

 

作り方

  1. なべに水を入れ、沸騰したらハーブを入れ、3分ほど煮込み、その後そのまま5~10分蒸らす
  2. ハーブをこし器などを使って取り除いたら、砂糖を入れ、煮詰める
  3. 火を止める直前にレモン果汁を入れる
  4. 粗熱をとってから瓶に移し冷蔵庫で保存する

 

 

冷え対策におすすめのハーブ

ハーブコーディアルは使うハーブによって一年中楽しむことができます

今のように寒い冬場は 風邪やインフルエンザの予防、喉や鼻の不快な症状緩和などに大活躍

甘くて飲みやすいのでハーブティーが苦手なお子様にも喜ばれること間違いなしです

 

 

そして今日のテーマの冷え解消におすすめのハーブは レモンバーベナやジンジャー、ローズヒップなど

温かいお湯で割ったり ハーブティーに加えたりしてお楽しみくださいね

 

エクラでもハーブコーディアル作りのワークショップは度々開催していますので

よかったらご参加くださいね

 

 

こんなハーブティーや精油の活用法を学び セルフケアに周りの方のケアに活用できる

フィトセラピスト(植物療法士)になりませんか?

 

講座内では毎回5〜6つの実習があり それぞれのテーマにあったフィトグッズを作ります

フィトグッズは持ち帰ることができ その日から毎日の生活の中で活用できます

もちろんレシピがあるので追加で作ったり 応用して作ったりも可能です

 

フィトセラピースクール エクラ

 

 

 

エクラでは 一社)日本フィトセラピー協会認定のフィトセラピスト(植物療法士)資格が取れる

フィトセラピー講座を奈良と浜松で開講しています

 

詳しい日程などはこちらから⬇️⬇️⬇️

 

2020年度上半期フィトセラピー 講座日程

 

お問合せ・お申込はこちらから

 

今日も最後までお付き合いくださりありがとうございます

 

 

いいねボタン出来ました

よければハートのボタンをポチッとしてくださいね

 

 

2+