コンパニオンプランツ

植物のチカラで女性を笑顔にしたい

フィトセラピースクール  エクラです

 

暮らしに役立つハーブ

 

コンパニオンプランツってご存知ですか?

 

ハーブと野菜を近くで育てると 互いの生長によい影響を与えて共栄し合う効果があるんです。

組み合わせによって 野菜の生長を促進したり病気や害虫から守ってくれるなどなど。

もちろん効果は100%というわけではないけど 農薬などを使わずに済むし

楽しみながら野菜とハーブを育てられるので一石二鳥ですよね。

 

 

 

コンパニオンプランツの効果

 

1. 害虫忌避

タイムやセージのような抗菌力の高いハーブで害虫を遠ざけます。

 

2. 結実促進

マリーゴールド、カモマイルなどを植えると、受粉を助けてくれるハチやアブなどを集めることができ

スイカやズッキーニなどの受粉が結実に欠かせない作物の良い助けになってくれます。

 

3. 病害予防

マリーゴールドの根には、病害を防いだり、減らしたりする働きがあります。

 

4. 相互作用

肥料をそれほど必要としない植物の「過剰な栄養分」を肥料がたくさん必要な植物が吸収してくれたり

日照を多く必要とする野菜の根元に、日陰でも育つ野菜を植え付けたりして

生育をお互い助け合うことができます。

 

代表的な組み合わせは

 

カモミールと 玉ねぎ・キャベツ・ハクサイ・ブロッコリー

オレガノと かぼちゃ・きゅうり・メロン

セージと キャベツ・人参

タイムと キャベツ

ディルと キャベツ・トウモロコシ・キュウリ

バジルと トマト

ローズマリーと キャベツ・人参・豆類

ミントと トマト・キャベツなどのアブラナ科の野菜

 

他にもいろいろありますし、 園芸コーナーなどにはコンパニオンプランツの組み合わせ表などを

置いてあるところもありますので ご興味のある方はトライしてみてくださいね

 

ハーブと野菜の同時収穫で一石二鳥

 

例えば写真のようにトマトとバジルを同時に育てて 一緒に収穫!

なんて とっても便利だし新鮮なままいただけて一石二鳥。

 

野菜を守りながら楽しく育てられる。

 

今年はちょっと意識して寄せ植えしてみようかな。

 

 

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます

 

 

 

いいねボタン出来ました

よければハートのボタンをポチッとしてくださいね

 

1+